おとなの腸内環境を整える!「おとなオリゴ」新発売!!

毎日暑いですねえ〜。

冷たいものばかり食べたり、飲んでいてはいけませんよ。

夏バテ知らずで、ガッツリ系もモリモリ食べてくださいね〜^^

でも、そのためには胃腸を丈夫にしておかないといけません。


なんだか最近、すっきりしない、たまっていて、気持ちが悪い。

毎朝、すっきりさせたいんだけど、年のせいなのかな?

こういった症状でお悩みではありませんか?



それは、腸内環境のバランスがくずれてきているせいかもしれません。

人の大腸には、100兆個以上と言われる細菌がすみついています。

乳幼児の腸内細菌の99%を占める善玉菌の中でももっとも多いビフィズス菌。


しかし、加齢にともない、急激にビフィズス菌が減少し、代わりに悪玉菌が増加してしまいます。

そして、さらにはビフィズス菌と悪玉菌の割合が逆転するという傾向に・・・。


こうなってしまうと、腸には悪影響が出てきます。
有害物質なども作り出してしまうからなんです。


元の腸内環境に戻すには、ビフィズス菌を増やすことが大切です!

新発売の「おとなオリゴ」

origo.jpg


ビフィズス菌が増えると、乳酸や酢酸というものを生成してくれます。
腸内が酸性になって、アルカリ性を好む悪玉菌にとっては、
居心地の悪い環境になるからです。


赤ちゃんの腸内細菌の99%がビフィズス菌で占められていることには、

母乳に含まれるオリゴ糖が、ビフィズス菌のエサとなって、

ビフィズス菌を増やすことがわかったのです。

オリゴ糖を摂ると、
ビフィズス菌が増えていくということなんです。



origo3.jpg



このオリゴ糖にはいろいろ種類があるのですが、母乳に含まれているのは、
「ガラクトオリゴ糖」です。

1日に、2.5g摂取することで、腸内のビフィズス菌は、一週間で、2.5倍、

2週間で約3倍に増えることが確認されました。



これが簡単に摂れる「おとなのオリゴ」が誕生しました!

ガラクトオリゴ糖・ミルクオリゴ糖・ビートオリゴ糖・キチンオリゴ糖の
4種類のオリゴ糖を配合しています。



そして、熱や酸に強く腸までしっかり届く、オリゴ糖を選んでその中からも
ビフィズス菌をもっと増やす配合を見つけました!

この独自配合は、現在特許申請中です。


しかし、ビフィズス菌をそのまま摂る方が早いのでは?

ヨーグルトやサプリメントから摂ることは簡単ですが、
熱や胃酸に弱いため、生きたまま腸まで届くのがとても難しいのです。


オリゴ糖で摂って、腸にいるビフィズス菌を育てる方が効率的なんです!

origo4.jpg



1日1本食べるだけのお手軽さ!
ほんのり甘いゼリータイプになっているので、おやつ感覚で食べられます。

カロリーも1本18kcalで脂質は0gなので、ダイエットされていても全然、気にならない。


数日で効果を実感されている方も多数いらっしゃいます!
ニオイも気にならなくなったと感じている方も多いようです。


  足裏の角質落とす、まめノンパックで集中ケアはこちら



*続けるなら、お得な定期便もあります。




 肝臓にもいい、アイケアサプリ鮑の光の口コミは?


   今ならお得!シーボン・フェイシャルエステトライアル
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トライアルセット